「明日の五郎丸」

お店に置いてある地元新聞。
超ローカルネタで独自路線をひた走っている地元紙です。

今日の1面に・・・

12523086_1034980003221500_405666640077097809_n

小さく出ている

「明日の五郎丸」

という記事。

これにお客さんたちが大騒ぎどんっ (衝撃)あせあせ (飛び散る汗)

ちょっと!大変!

明日、五郎丸が来るって!

え?駿河台大学?

いつ?何時?

行くわよ!行かなきゃ!!

キャーキャーわーわー大騒ぎで
家族や知人友人にも知らせなくては!という勢いで
携帯を探す人から
小躍りに近い人まで

キャーキャーわーわー大騒ぎ目あせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)

いえ。。。

「これは、明日の五郎丸を目指そう!というラグビー体験会の告知記事であって
未就学児から大人まで誰でも参加できるイベントで
先生は、駿河台大学の監督で
五郎丸は、全く関係ありません。そういうイベントの名前です。」

・・・と。

言い出しにくいほどの盛り上がり目たらーっ (汗)

五郎丸は来ませんよ。

・・・と、言った私が悪者みたいじゃないですか爆弾

まぁ、うちのお客さんたちは、元来、陽気で楽しい人たちばかりですので

も~~~ぉ!やぁぁぁ~~~~だ!あっかんべー
ま~~~~ぁったく!ミーハーなんだから!うれしい顔

と、大笑いで終わりましたけどね冷や汗 (顔)あせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)

つくづく、しみじみ
人は、自分の都合のよいように物事を解釈し

自分の思い込みを真実と信じて生きている生き物なんだと
痛感した朝の一コマ。

そして、この時

「いや、誰だってそう思いますよ!
だって、駿河台大学は昔からお金があって、すごい人も呼ぶってイメージですもん。

それに、文化新聞は
どんなに世間一般で大ニュースであっても、例えばほんとに五郎丸が来るとかであっても
それよりも大きく1面トップに、どこそこの会社の社長がゴルフ好きが高じて
会社にゴルフボールのオブジェ建てた、みたいな記事が出ますからね。

誰それさん家で面白い形のキュウリとナスが採れたとか、どっかの会社が2万円寄付したとか、
どこそこ杯のゴルフで誰が優勝したとか、そんなニュースが大きく出て
五郎丸が小さいなんてことが、普通にありますから、これはそう思いますよ!!

それにこの見出し!「明日の五郎丸」って紛らわしいですよ。
普通は「五郎丸を目指せ」とか、パッと見て体験会ってわかるように書きますよね!」

・・・などなどなど。

必死にフォローする自分自身に

しみじみ人は、自分のひいきや義理人情で
味方につく側を徹底的に擁護し、敵や対立する相手を攻撃する本能があるのだと

中立だとか公正公平なんて綺麗ごとじゃないのかなどと

人間の悲しき性についてまで
なんだか考えてしまった朝の一コマです。

以上です。

    前の記事

    日本の教育や学費のこと

    次の記事

    コツコツ続けるオンナ